FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
訪問者様、ありがとうございます。


Cpは、ゼロvsルルーシュ×ライです。

すこしの嘘とブリキで創られた





鏡を見ている分には、大して気にならないものだったが、同じ顔が目の前にいるというのは妙な感覚だった。
 しかし今は、奇妙な感覚を含めて苛立ちが大きいのは、恋人であるライにさも当然に手を出しているところだ。
 二つ三つ肌蹴た襟元を整えるライに視線を向ければ、覗いた肌にうっすらと赤いあとが残っていることを確認したルルーシュは眉を顰めて、ゼロへと視線を向けた。
 
 室内に嫌な沈黙が広がる中、時計の秒針だけがやけに響く。
 向き合ったままのゼロは足を優雅に組んだまま、余裕の笑みを浮かべている。
 いや、此方の反応を観察しつつ、出方を待っているといったところか。
 それが自分であるなら当然なのだが、それさえも気に障る。


「で、何故お前が此処にいる」

「ふっ、私がゼロだということは認めたんだな」


 予め用意された台詞のようにゼロが返すが、ルルーシュは続けていった。


「初めは咲世子の変装だと推測したが、わざわざゼロになってまでライに近づく理由はない。お前に関しては、まだ眉唾物ではあるが、先ほどの行為を含めて俺にも知る必要はあるだろ」


 ゼロがゼロだという事実よりも何故ライと一緒にいるのか、恋人の嫉妬としてそちらのほうが気になっているらしいルルーシュに、ゼロは口端をあげる。


「成る程、興味よりも疑問か。恋人が私といることに嫉妬を覚えたというわけか。それとも相手が誰であってもライを独占していたいにせよ。それがなんだと逆に問いたい」

「っ!?」


 怒りの形相で立ち上がったルルーシュは、殴りたい心境に駆られたらしく握った拳が震えていた。
 そんなルルーシュを見上げながら、ゼロは挑発する。


「冷静さを欠くとは普段の『俺』らしくもない。しかし、感情を取り戻すほどその男が大切な事は目に見ても容易だ。私にも似た感情には覚えがある。今から貴様の知りたい事実を話す前に、その拳はしまえ」


 自分ではないが、例え殴ったとしても自分を殴ったような虚しさが残るだけだと、怒りを抑えるように息をついて、ドカッと椅子に腰掛けた。
 ライの無表情ながらもどこか心配そうに見つめる眼差しを見て、安心させるようにまた冷静さを取り戻したように、一瞥を向けたルルーシュは、話に耳を傾けるためにゼロへと向いた。


「さて、何から話すとしようか」


 組んだ足の上で両手を組むようにして、ゼロはゆっくりと話し始めた。
 止まったように感じられた時計の秒針が何かの合図のように、再び動き始めたのだった。



続く
スポンサーサイト
2012.05.25 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。